s s 087 - Nさん

2011年     12月    大仙市

Nさん    20歳/病院勤務

Yuさん&タニア英語先生宅ホームステイ  1週間

 

1 どこでM.Y.Australiaを知りましたか?

以前海外でホームステイをしたことから行くなら絶対ホームステイ!と決めていました。ホームステイで考えた時にインターネットを通して出会いました。

2 なぜM.Y.Australiaを選ばれましたか?

内定を頂き、就職してからは長期間の休みをとることは厳しくなり行くなら今しかない!と思っていました。また初めての一人海外だったために、「安全重視」で探していました。体験者のレビューや、Yukoさんの日常溢れるブログで「こんな留学楽しそう!」と思い、早速mailしました。連絡を続けるうちに信頼を置けるようになり、お願いすることにしました。

3 ホームステイはいかがでしたか?

ステイ先の愛犬タロウの散歩で毎日ビーチに行って、一生分の海を見たようでした。Yuさんがサーフィンやウェイクボードについてよくお話して下さったので毎日見ていても全然飽きませんでした。

079 - Nさん 078 - Nさん 072 - Nさん

084 - Nさん 067 - Nさん PC050261 640 - Nさん

064 - Nさん PICT0004 - Nさん s s 2 - Nさん

また肉じゃがをディナーで作ったのも思い出です。毎晩ディナーの後は3人で洗い物じゃんけんをしたりタロウも一緒に騒いで…ってファミリーに馴染むことができました。また、私が柔道をしていることから、Tanyaさんの通うキックボクシングに参加させてもらい、英会話しながらトレーニングしました。終わった後にはレスリングの先生と柔道をしました(笑)

PICT0010 - Nさん PICT0009 - Nさん PICT0011 - Nさん

4 英語レッスンはいかがでしたか?

Tanyaさんだけでなくジャスティーナのレッスンも受けることができました。私が話すのを待っていてくれ、カランビンレッスンやライブラリーで楽しく英会話レッスンができました。しかし、言っていることは理解できるのに、うまく伝えられない時は悔しくて、悔しくて・・・もっと勉強してまた来よう!と思いました。

PICT0007 - Nさん PICT0005 - Nさん auto Gcp6iC - Nさん

Nozomi5 - Nさん Nozomi2 - Nさん Nozomi3 - Nさん

Nozomi4 - Nさん s 1 - Nさん PICT0001 - Nさん

PC060263 640 - Nさん s PC060264 640 - Nさん PICT0003 - Nさん

5 フリータイムは何をされましたか?

ショッピングに行ってたくさん買い物をして、その帰りに一人でバスに乗ったことがとっても良い経験になりました。また、ボンド大学・グリフィス大学にも連れて行っていただき、少しだけ学生気分を味わいました。あとはキックボクシングに連れて行ってもらって、Yuriさんとマックに行って、ドライブして…もっともっとたくさんあります!観光で行っていたら絶対に見ることができなかったオーストラリアたくさん見ることが出来ました。

auto lGYMMe - Nさん s s s s s s 002 - Nさん 042 - Nさん

s 033 - Nさん 038 - Nさん 041 - Nさん

s 023 - Nさん s s s s s 009 - Nさん s s s s s 014 - Nさん

s 019 - Nさん PICT0008 - Nさん 027 - Nさん

045 - Nさん 048 - Nさん 050 - Nさん

s s s s s 016 - Nさん s s 015 - Nさん s s s 018 - Nさん

6 感想、その他

このサイトと出会ったことで、Yu&Tanya宅でホームステイできたことは私の運命だったと思います。今回の短期留学で自分の持っている世界観がぐ~んと広がりました。行く前は考えたこともなかったワーホリを真面目に考えています。ていうか絶対します(笑)オージーの「出会う人みんな友達」のような文化が大好きです。

auto Hdb8G4 - Nさん PICT0012 - Nさん s s s s s 005 - Nさん

(帰りの荷物が2.7キロオーバーで$50のエクストラチャージされちゃたNちゃん!)

s s s s s s s s s s 007 - Nさん s s s s s 006 - Nさん PICT0013 - Nさん

ホームステイの最後の方では人にきちんと挨拶できるようになったし、帰りの飛行機では隣になったスリランカ人と9時間トーキングするまでになりました。(笑)必ず次回があると思っています。